【WEB内覧会】ダイニングにカフェやBAR的なカウンターを(入居前)



でも実際に暮らしてみると、以前にも書いたようにリビングすらコーブ照明をつけないので^^;;
まぁいらんかったなと。
結果オーライです(笑)

スポンサーリンク

窓は、開けるかどうかがポイント

窓のサイズは3マスなので1間半。
隠れていてわかりにくいですが、両サイドが内側へ引く感じで開きます。
FIXにしようかと一時期迷いましたが、このサイズのFIXは家庭用サッシでは無理だそうで、ビル用とかそういうのだとすっごく高くなるそうなので諦めました。

住んでみると、夫が結構窓を開けたがるのでFIXにしなくて良かったです。
壁が白くて窓枠も白なので(隠れてわからないですよね^^;)、枠が馴染んで意外とスッキリしています。

ウィンドウトリートメントはハンターダグラス

窓に設置するウィンドウトリートメントをどうするか。。。
ここはすぐ横にルーバー建具があるのでウッドブラインドも変だし、なかなかに難しいところでした。
他とのバランス的にも、ここはカーテンなどは合わないし柄物も違う。

割と自分たち&設計士さんで決めてきたのですが、ここはICさんの提案で決めました。
採用したのはハンターダグラスのシルエットシェードです。
一応、ショールームも見に行ったんですけど、ちょっとピンとこず^^;
でももうわからなくなってしまったので、ICさんを信じてGO!です。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
天井部分のメカが目立ったら嫌だなーと思っていましたが、思ったよりスッキリとしていて目立たないです。
そして全部巻き取った時にも、一番上の所に全て収まるのでとってもスッキリ♪

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
なかなかにいい感じです(^^)
横ラインが続くのがどうかな?と思ったりもしましたが、全く問題なしでした。

羽を開くとこう。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
上げ下げはこちらのコードで。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
ただ、白だから気を使います。
これは絶対洗えないので。
コードを触る時も自分の手が綺麗かどうかを常に気遣っちゃいます^^;

カウンターチェアは、バリ島でオーダー

カウンターの椅子は、バリ島でオーダーしたカウンタースツールです。

最初はバリ島の家具屋さんでチーク材で良さげなのを色々とみていたのですが、カウンターと合うのかどうかもいまいちピンとこず。
買い付けに行ったのは建築が始まる半年前ですから(^^;
展示場でチェスターフィットを見たりしつつ想像するしかないんですよね〜。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
こういうの、すっごく安いんですけど・・
ちょっと違うかなと。
他にも革をはったのとか、ちょっとかなりそそられるのもありました。

でも夫的に微妙だったようで・・。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
こちらの家具屋さん。
バナナリーフ編みがすごく素敵でした。
正面のカウンターのぐるぐる、すごくかっこよかったです。

私的には旧居でずっとウォーターヒヤシンスのソファを使ってきたから、新居ではこういうのはやめとこうかなって思ってたんですが。
夫がここでチェアが回るカウンタースツールを見つけてしまって。
絶対これがいい!と。

で、ここで脚の長さやら座面の高さやら背もたれをどうするやらを決めて、4脚オーダーしました。
ただ、板の厚みやらを考慮するのを忘れていて、届くまでドッキドキでした。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
チェアにクッションをつけてくれるってことで、色も。
とはいえ、シンプルな白にしました。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
完成したカウンターチェアがこちら。
網目も、耐久性とか主張しすぎないかとか色々考えて、オーソドックスなものに。
チェアの全体と、並べたところはまた後で(^^)

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
ちなみに、これは引き渡し日に撮った写真です。
一脚だけここにあるのは、コンテナ輸送時に折れてしまった脚を、棟梁や塗装屋さん達が綺麗に直してくださったからなんです♪
こんなことまで・・・本当にありがたいことです。

一つ注意点。長いカウンターにすると一つ困ることが

カウンターが長いと、板の真ん中がたわむというか弱くなるそうです。
なので、当初は真ん中あたりにカウンター板を支える補強の為のものを付ける予定になっていました。
支えを足にすると目立つしチェアの置き方にも影響があるので、一応板の下と奥の壁で斜めの支え板を入れて・・という方法はどうかという話にもなりましたが、でもちょっとカッコ悪いかもと・・。
窓台のところでも支えられているし、なんとか大丈夫そうではあるけれど・・。

このあたり、きっちり作らないといけない生産さんと、施主の意向や見た目も考えないといけない設計さんと私たちとで、結構すり合わせがあった部分です。
結局、大丈夫かもしれないのであれば見た目重視で一旦取り付けない事になりました。
もしたわんできたら取り付けるという方向です。

大丈夫かもしれないのであれば、見た目重視で

我が家、そういう部分が結構あるかも(^^;)
生産さんと番頭さんにはほんと気苦労かけてしまったと思います。

住み始めて、このカウンターの使い道

引っ越しをしてから、朝ご飯をここで食べています。
景色がすごく良いので朝から気持ちがいいです。
夜は外が真っ暗になるので、普通にダイニングテーブルで食べたほうがいいです(^^;;

ちなみに、我が家に来られた方が3番目に「これいいねぇ!」と褒めてくださるのが、このカウンターのコーナーです(^m^)
家の中に初めて入った近所の1年生の子どもちゃんも、
「お家の中なのにレストランみたーい」
って言ってくれました。
良い子だな〜(^^)

以上、我が家のダイニングにあるカウンター(入居前)でした。

モチベーションがあがるので、よかったらぽちっとお願いします。

素敵なおうちがたくさん↓↓↓
色々とお家づくりの参考になります♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする