【WEB内覧会】存在感のなさにこだわったキッチン(入居前)



エアコンもすっきりと天井埋め込みにすることと、場所も目立たない所にすることは決めていました。
基本的には夏は涼温房、冬は薪ストーブ。
エアコンは使わないでいけたらいいなって思っていたので。
そういう意味で、ここはベストポジション。

しかしここにエアコンがあることによって、ペンダントは風で揺れてしまうんだそう。
それは考えもしなかったなぁ。
これはダイニングテーブルの上にペンダントをつける時も一緒で、エアコンの吹き出し口に近いと気をつけた方がいいらしいです。

スポンサーリンク

キッチン周辺の床は無垢?タイル?

次に作業スペースに入った方向から。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
余計なものがいっぱい写ってますね(^^;;
床はエクセレントチーク無垢です。
無垢材は水はねの怖さはありましたが・・・。

反対を向くと、こう。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
無垢床はここまで。
奥はあえてタイルです。
無垢とタイルの見切りを綺麗にというのはなかなかに難しいそうですが、出来るだけ細いのを入れてもらっています。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
タイルはニッタイのVOLCANO。
玄関ポーチやエントランス内と同じタイルです。
・・・というか、正確にはこちらのタイルに玄関を合わせました(^^)

キッチンが無垢床だと汚れや水はねが・・と考えたらキッチンの床をタイル調フロアやタイルにってことも考えました。
うちの場合は・・・
まず薪ストーブの動線と全体のバランス重視。

一応、水ハネを考えてキッチン床をタイル調フロア(洗面やトイレと同じもの)にしたらどう?と聞いたのですが、繋がった先にタイルを使うので反対されました。
では中も全てタイルにしちゃう?とも考えましたが、エクセレントチーク以上にコストがかかると言われて断念。。

でも今思うと、タイルにしなくて良かったです。
引っ越ししたのは4月始めですが、寒かったのもあって、びっくりするぐらいタイルが冷たかったんです。
無垢床の続きで不用意に上を歩くとね、ヒィっってなりますよー(>_<)
あと、靴下1枚じゃやっぱり硬さが足にきて疲れます。

永大キッチンのシンク

シンクはこんな感じ。
これが標準でした。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
永大、いいですよ~♪
この2枚の作業プレート、最初からついていました。
設計さん曰く、他のメーカーのキッチンの方が人気があるので、他よりもこういうところで”頑張っている”そうです(^^)
上の1枚は使っていませんが、下の方は重宝しています。

では次に設備にいきます~。

モチベーションがあがるので、よかったらぽちっとお願いします。

素敵なおうちがたくさん↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク