薪活、使えないと思っていたけど使えたもの

こんにちは。
なおひよです。

今日は朝から久しぶりにジムに行ってきました。
まだ水曜日の筋肉痛っぽいのが背中に残ってるんですけど・・
薪活では有酸素運動はできないっぽいので(歩数が全然かせげないー^^;;)、久しぶりに歩いたら気持ちよかったです。

今週末は3連休ですねー。
とはいえ、小学校は卒業式が土曜日にあるので明日は学校なんです。
それに彼岸でもあるので、お墓まいりも行かないと。
って感じで予定が詰まっていくなか・・

月曜は薪ストーブやさん主催の薪活が決定してまして。
そうなると先日の山へ行くのは・・

日曜しかないよね。。

この3連休は薪活ばかりになりそうです(T_T)
ありがたいけど、花粉と日焼けが怖いです。

スポンサーリンク

薪活便利グッズを買ったものの・・

けっこう前になるんですけど、いつもの薪ストーブ屋さんで夫が買った便利グッズがあるんです。
それがこちら。



ウッドグリッパー。

どんな径にもフィットする薪運びの革命児

身体への負担を軽減し、スイスイ運べる便利な薪運びツール「ウッドグリッパー」。
割った薪はもちろん、手では持ちにくい玉切りや針金で束ねた薪束でも、鉄の爪がひっかかり一発でキャッチ!
径に関係なくつかめるのが特長です。

ゴム製のグリップは握りやすく、体に密着して持てるため楽に運べ、玉切りを薪割り台や薪割り機へ載せる、割った薪を拾い上げる、棚へ積むの一連の動作がスムーズにできます。
サイズは4種類。

というものだそう。
夫はMサイズを購入。

これがね。。
正直使えないなって思ってたんです。
だってね、Mサイズは38〜45cmの薪に対応しているそうだけど、いただく薪って大抵長さが揃ってないんですもん。
うちは果樹が多いからぐねぐねだし。
それに揃っていても、直径20センチもないような細めの玉だといくつか一度に運べたりするから、1本運ぶのにこれ1つ必要ってなんだか効率悪くない?って思ったんです。

でも今回の山では使えました!

ウッドグリッパーを使ってみる

今回は、自分で玉切りするから、長さが揃えられること。
そして太めな原木が多い♩
最初は抱えたりして運んでいたんですけど、太くなると私の力では両手で1本しか運べないんです。

でも、こうやって、

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
玉に両サイドの爪を引っ掛けます。
こんな感じに。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
そして、ウッドグリッパーの真ん中を持って持ち上げるだけ。
引っ掛けるのも簡単。

〜byきこりんとアジアンリゾートなおうちで田舎暮らし&薪ストーブ〜
腕だと1本しか運べない重さの玉でも、片手で持ち上げられます。
予想以上にこれは使える!

って思うんですけどね。
2本運ぼうと思ったらもう1つウッドグリッパーがいるんですよね。。
4000円ちょっとするので、じゃあ買おうともなかなか思えず(^_^;
道具もいろいろ高くつきます。

夫は焚き付け作りに便利そうなキンドリングクラッカーを欲しがっているけれど、15,000もするんですよ。
絶対無理!!
斧も何本買ってますのん!?って感じなのに。。

いただける薪のおかげで冬場の光熱費は助かっているけれど、他でけっこうかかっているんですよね。。
欲しいものだらけで困ります。
(夫が)

3月になったので、ランキングバナーを春夏用に変えました^^
よかったらぽちっとお願いします。

他にも素敵なおうちがたくさん↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク